尼花日記

尼ヶ辻花子(あまがつじ・はなこ)のブログです。2DKのアパートに、片付け好きの再婚オットと二人暮らし。掃除、断捨離、シンプルライフ等について日記に綴ります。

断捨離をして人生が変わった、ドイツ人の友の話。

懐かしい友人からメールが届きました。

ドイツ人のロッテです。

彼女とは、5年前にイギリスの語学学校で知り合ってから、たまにメールしたりスカイプで話したりしていました。ですが、ここ半年ほど連絡がなくて心配していたところでもありました。

彼女が元気だと知り、喜んでメールを読んでいると、そのメールのなかに驚くことが書かれていたのです。

なんと、彼女は断捨離を行っていたのでした!

ドイツ人の友人の断捨離について、シェアしたいと思います。

 

出会いはイギリス、私から告白?

ロッテは、私より一回り以上年下のドイツ人女性です。

ほっそりとして背が高く、なかなかの美人さんです。

顔の作りだけでなく、雰囲気もどことなくロマンティックながら、理知的な雰囲気もたたえていて、私は一目みて「この子と友だちになりたいな!」と思いました。

当時、私は45歳、彼女は30歳そこそこでしたが、彼女の口癖は「私はもう若くないから」という言葉でした。

うん、確かに、私も30くらいの頃は、そう思っていた気がします。

そして、自分のことはそう言っても、年上の私に対して「年だから」なんて思うことはなさそうでした。

カタコト英語ながら、ちょっと話してみると、好きなものや趣味も不思議に合いそうでした。

それで、あるお昼休みの時間、生徒みんなで学校の芝生でひなだぼっこをしているときに、思い切って、

「私の友だちになって」

と、お願いしてみました。

英語って、こういうときシンプルに意思を伝えやすい気がします。

まぁ、複雑な遠回しでは言えそうになかったというのもありますが、私自身、そんなふうに単刀直入に告白?するのは初めての経験でした。

ロッテは、ちょっとビックリしていましたが、にっこり笑って、もちろんいいわよ、と言ってくれました。

この一年の出来事と断捨離

ロッテは、英語が堪能でした。

その語学学校はレベルが4段階に分かれていて、私より2つレベルが上の、ハイクラスにいました。

それでも仲良くなって、お互い帰国してからも、断続的にやりとりが続いています。

そんな彼女の、昨年までの数年は、大変な激務の毎日のようでした。

勤めていた会社が一種のブラック企業で、休みもほとんどなく、仕事仕事の日々だと言っていました。

そして、身も心もくたくたになった彼女は辞めることを決心し、上司にかけあって、退職前に有給休暇を消化することに成功したのです。

それまでもらえていなかった、正当にもらえるはずの給料をもらい、有給消化のために、実際の退職日よりも1か月以上早く仕事から離れることができました。

その企業で、そんなことをやってのけたのは、彼女が初めてだったようです。

さすがロッテ!!

と、私はひとり勝手に鼻高々でした。。

そんな彼女でしたが、今年からの休暇に入ると、それまでの激務の反動で、やる気がすっかり失せたと言います。

自由な時間を満喫する、と言いながらも、実際はほとんどリハビリ病人のようでした。だらだらとレイジーな時間を過ごし、それが数か月続いたある日、ふと直感的に思ったのです。

物を捨てよう、と。

ロッテは、部屋にあった自分のものを、徹底的に捨てていくことにしたのでした。

応援クリックを有難うございます♪⇒

断捨離の効果とは

断捨離をする前の数か月、ロッテは休みをとりながらも、それが逆にストレスになっていたと言います。

けれども、物を大量に処分してから、彼女は変わりました。

すっきりと空いたスペースが、開放的な気分をもたらして、更に、過去のイヤな出来事をすべて水に流せる気持ちになったのです。

それからの彼女は、活動的になりました。

友だちに会うようになり、自転車旅行をして、そのうえ、イギリスの語学学校に、数週間行ったというのです!!

そう、私たちが出会った語学学校です。

いま、彼女は、新しい仕事を探して、面接をうける準備をしています。きっとうまくいくでしょう!!

国を越えた断捨離

ドイツに断捨離という言葉があるのかどうか分かりませんが、この物を捨てる、という行為から生じるメリットと効果は、国を越えて現実となっていることを、私は今回のことで知りました。

彼女は、断捨離をすることで、人生の舵をふたたび取ることができたのです。

捨てる、というのは、新しい自分に会うことなのかもしれませんね。

f:id:AmaHana:20181205014830j:plain

そう考えると、私もまた励まされる気持ちです。

捨てることで、自分を取り戻す、そんな彼女にエールを送りつつ、自分自身を振り返った一日でした。